ゲスト記事:クリスチャンは会社で有利 アレックス ワースリング パート2 Guest Post: Christian Corporate Advantage Part 2 – Alex Worsteling

今日は教会で学べるキャリアで役立つことを3つ話します。対人スキル、リーダーシップと態度です。
Today Im going to talk about 3 specific things you will learn in church that will help you with your career. People skills, Leadership and attitude. 

3つの分野(クリスチャンの有利なところ)
3 Areas (Christian Corporate Advantage!)

1. 対人スキル
People Skills

キャリアで成功したい? 対人スキルをみがこう!(営業/事務/研究)
Want to Increase your Career Success?  Get better with people! (Sales/Admin./R&D)

対人スキルを磨ける最適な場所は? 教会です!
Best place to develop People Skills? Church!!

多くの人は新しい人になかなか会いません。他の業界の人や人生の違うステージにいる人など。
Most people never meet new people. Or at least people from other industries or walks of life.

教会では様々な人々に出会えます。そして、様々な人とのコミュニケーションのやり方を学びます。リーダーと、プロスポーツ選手と、マネージャーと、学生と、両親と、独身のひとたちと、教師と社会人と等。
You meet all different types of people in church and learn how to communicate with different people. With leaders, professional sports people, managers, students, parents, singles, teachers, business people and many more!

2. リーダーシップ
Leadership

早く昇進したい?ボランティアのリーダーになろう!
Want to Increase your Rate of Promotion?  Move into Voluntary Leadership Roles!

ボランティアのリーダーシップを磨く事ができる最高の場所は?教会!
Best place to take Voluntary Leadership Roles?  Church!!

もしボランティアを上手にリードできるのなら、会社でリードすることは簡単です!
If you Can successfully lead volunteers… Leading in Corporate world will be easy!!

ボランティアには報酬を払っていないので、モチベーション、インスピレーション、教えること、人生に貢献すること、ビジョン!でリードしていかないといけない。ボランティアがタダでそれができるなら、スタッフのチームをりーどしていくのは難しくない!
You don’t pay volunteers so you need to lead though motivation, inspiration, teaching, adding to peoples lives, VISION! if you can do that with volunteers for free you can do that with a team or staff no problem!!

3. 態度
Attitude

昇給したい? 態度を常に磨いていこう!
Do you want to INCREASE YOUR SALARY?  Be determined to continually sharpen/improve your Attitudes!

どこが態度を磨く事ができる最高の場所? 教会!
Where is the Best place to sharpen your Attitudes?  Church!!

もう一つの「会社でクリスチャンであることの利点」は神様に話して、聞く事ができることです!とてもシンプルです。
Another ‘Christian Corporate Advantage’ is that you have the ability to speak to and hear from God! its simple

私は5月に新しいオフィスにうつりました。そして、ここ数年私の業界(ヘッドハンティング)も含めて、色々な業界がチャレンジを通っています。セールスが半分以下になり、70%の授業員が退職しました。
I Moved to New Office in May and this last few years has been tough for everyone including my industry (head-hunting)Sales less than half  70% Staff gone.

私の会長(オーナー)の奥さんが占い師に相談したところ、占い師は彼女にこういいました。「あなたの夫の会社につとめているオーストラリア人の男性があなたの夫の会社を救います!」そこで会長が私にいいました。「あなたをパートナーに昇格します!」
My Presidents (Owner) Wife visited Fortune Teller (URANAI)  and the Fortune Teller told her “Australian Man in your Husband’s Co. will be the Savior of your Husband’s Co.!” President declared to me  “I’m being Promoted to Partner!”

私は占いに賛成はしていませんが、神様があなたと共にいて、一緒にがんばって働いた場合、神様があなたを昇進させる方法を見つけてくれます!
I don’t advocate fortune telling, but when you have God with you and work hard, he will find a way to promote you!!

クリスチャンは会社で有利であることが大好きです!
I love the ‘Christian Corporate Advantage’!

特別なアナウンス:今週の日曜日、アレックスは大阪にきてくれて、ジーザスライフハウスの12時の回で話してくれます!場所は心斎橋です。
SPECIAL ANNOUNCEMENT
! ALEX will be in osaka this weekend and speaking to business leaders and speaking at Jesus lifehouse at 12pm Sunday in Shinsaibashi.

イベントの詳細はここをクリック
Please click here for the event details. 

クリスチャンではなくても参加できます。毎週はじめてくる人達がたくさんいて、彼らはいつも励まされてインスピレーションを受けたと驚いています!
You don’t need to be a christian to come , every week people come for the first time and are surprised how encouraging and inspiring it is!!

教会のビデオをみてください
Check out a video of church

失敗を成功にかえる方法
How to turn your failure into success? 
 

 
Please Click this Button once per DAY. Thankyou!
一日一回クリックお願いします!ありがとう!
————————————————————————–
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

ゲスト記事:クリスチャンは会社で有利 パート1 アレックス ワースリング Guest Post: Christian Corporate Advantage Part 1 – Alex Worsteling

クリスチャンでいることは、ビジネス界においては有利なこと!
Being Christian is an ADVANTAGE in Corporate Business World!

クリスチャンでいることによって、次のスキルや能力が与えられる:(1)ビジネスの成功が高められる(2)給与が高まる(3)昇進の確率が高まる
Being Christian will give you the SKILLS & ABILITIES to; (1) Increase your Business Success, (2) Increase your Salary & (3) Increase your Rate of Promotion!

成功したいという思いがあるのなら、プロの視点からいって、教会 vs キャリアという競争ではなく、教会とキャリアは両方大事! 教会があなたのキャリアを助けてくれる。
If you are ambitious for success Professionally, its not a competition between church and career, its church and career!! Church will help build your career!

聖書はただの歴史の本ではありません。毎日あがってくる質問にたいしての答えがのっている!読んだ事がなくても。
The bible is not just a history book. It has answers for your everyday questions. Even if you never read

それで、神は、ヨセフ(あなたの名前におきかえてください)と共におられたので、彼がエジプト人(日本人)の主人に仕えた時、彼がすることすべて成功しました。それで、ヨセフの主人であったポテパル(上司の名前におきかえてください)は神様がヨセフ(あなたの名前)とともにいて、彼がすることすべてを成功させてることに気づいたので、ポテパル(上司)はヨセフ(あなたの名前)を信頼して、家の管理をすべて任せました。(創世記 39:2~4 英語直訳)

Genesis 39:2-4 (NLT) “The Lord was with Joseph (put your name here), so he succeeded in everything he did as he served in the home of his Egyptian (Japanese) master. Potiphar (Your boss name) noticed this and realized that the Lord was with Joseph (your name), giving him success in everything he did. This pleased Potiphar (Your boss), so he soon made Joseph (your name ) his personal attendant. He put him in charge of his entire household and everything he owned.”

(Jesus lifehouse conference)

ジーザスライフハウスでは最近3人の社会人が新しい仕事につき、給与が2倍になりました!!現在の経済を考えると、素晴らしいことです。多くの企業はデフレに影響されていて、4年以上ボーナスを全額支給できていません
In Jesus Lifehouse 3 of our young professionals  recently got new jobs & DOUBLED their Salary!!! That is Incredible in this Economy!  Deflation has hit most companies hard and many haven’t had full bonus in more than 4 years.

何故その3人は成功しているのですか?彼らの何が特別なのでしょうか?秘訣は?
So why those 3?  What’s special about them?  What’s their secret?

彼らは教会よりもキャリアを優先しませんでした。ミニストリーのリーダーシップでいやいや仕えてボランティアをする人達ではありません。
They are NOT people who chose Career over Church!  NOT people who are reluctant to serve & volunteer for Ministry Leadership!

実際のところ、彼ら3人はボランティアのリーダーです。最高のライフバランスを学びました。
Actually they are  3 of our greatest Volunteer Leaders!  They learned how to balance there lives Great Life Balance!

明日は、社会人が職場で有利であることについて3つのポイントを共有します。楽しみにしていてください!
Tomorrow I will share 3 specific advantages christians have in the work environment look forward to that!

特別なアナウンス:今週の日曜日、アレックスは大阪にきてくれて、ジーザスライフハウスの12時の回で話してくれます!場所は心斎橋です。
SPECIAL ANNOUNCEMENT! ALEX will be in osaka this weekend and speaking to business leaders and speaking at Jesus lifehouse at 12pm Sunday in Shinsaibashi.

イベントの詳細はここをクリック
Please click here for the event details. 

クリスチャンではなくても参加できます。毎週はじめてくる人達がたくさんいて、彼らはいつも励まされてインスピレーションを受けたと驚いています!
You don’t need to be a christian to come , every week people come for the first time and are surprised how encouraging and inspiring it is!!

教会のビデオをみてください
Check out a video of church

 
Please Click this Button once per DAY. Thankyou!
一日一回クリックお願いします!ありがとう!
————————————————————————–
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

I took break at work? Part 1 Do you take a break at work? Part 1

Q1: From a personal perspective, why do you think overtime isn’t reduced? (Sample size=766, multiple answer)

If you can’t finish your work in regular time, it is best to do overtime 63.7%
You feel guilty if just you leave early while others stay behind 46.6%
In business overtime is the way things are done 41.9%
Because overtime pay supports part of your living expenses, it’s tough if you don’t do overtime 35.9%
No overtime is an impossible goal 34.1%
Overtime is good for the company 11.6%
Other 5.4%

Q1: 個人的な意見として、残業が減らない理由は何だと思いますか?  (回答人数=766、複数回答あり)

定時で仕事が終わらないので、残業したほうがいいか 63.7%
他の人が残っているので、先に帰ると罪悪感でいっぱいになる 46.6%
仕事をする上で残業が終わるのは当たり前だから 41.9%
残業代で生活しているから、残業しないのは無理 35.9%
残業なしは無理 34.1%
残業は会社にとっていいことだから 11.6%
その他 5.4%

Q2: From the employer’s perspective, why do you think overtime isn’t reduced? (Sample size=1,025, multiple answer)

Employees doing overtime is the way things are done 47.6%
Because the business environment is tough, we wouldn’t be competitive if we only worked regular hours 45.1%
We won’t reduce overtime 42.2%
The company needs overtime to be done, and the employees understand this 35.0%
In Japan overtime pay supports part of one’s living expenses, so employees also want to do overtime 18.9%
Other 7.3%

When asked what they should do themselves in order to reduce overtime, 49.0% said regulating concentration time and break time, and 43.6% said producing daily schedules of work.

Q2: 雇用側の視点として、残業が減らない理由は何だと思いますか? (回答人数=1,025, multiple answer)

社員が残業をするのは当たり前のことだから 47.6%
業界がきついから、定時内だけでは競争に勝てないから 45.1%
残業を減らせないから 42.2%
会社にとって残業はかかせないことで、社員にも理解してもらってる 35.0%
残業代で生活できている人もいるから、社員が残業をしたがる 18.9%
その他 7.3%

残業を減らすために何ができるのか尋ねた時、 49.0% は集中する時間と休憩時間をきっちり分ける事と答え、43.6%は日々のスケジュールが必要だと答えた。

Q3: To improve work efficiency, what sort of tools are in use, what sort of things are done? (Sample size=1,080, multiple answer)

Nothing in particular 65.8%
Use groupware for schedule, document management 20.8%
Put information to work using company intranet, blogs, SNS, etc 9.4%
Mail sent to work address can be viewed from home PC, mobile phone, etc 8.0%
Intranet schedule can be viewed from home PC, mobile phone, etc 5.6%
CRM (Customer Relationship Management) or other sales tool used to manage data 3.3%
Other 1.5% 

Q3: しごとの効率をあげるために、どのようなツールを使用できますか? または何ができますか?  (回答人数=1,080、複数回答なし)

特になし 65.8%
グループのスケジュール管理、文書管理の導入 20.8%
社内イントラネット、ブログ、SNSの活用 9.4%
自宅のPC、携帯電話から会社のメールがチェックできるようにすること 8.0%
イントラネットスケジュールが自宅のPC、携帯電話から確認できること 5.6%
CRM (カスタマーリレーションシップ管理) や他の営業ツールを使用してデータを管理する 3.3%
その他 1.5%

Q4: Do you think work-life balance will take root? (Sample size=1,080)

Will take root 21.2%
Won’t take root 45.3%
Don’t know 33.5%

Q4: ワークライフバランスは根付くと思いますか? (回答人数=1,080)

根付くと思う 21.2%
根付かないと思う 45.3%
わからない 33.5%

Source データ元: whatjapanthinks.com

 
Please Click this Button once per DAY. Thankyou!
一日一回クリックお願いします!ありがとう!
————————————————————————–
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

職場で休憩とってる?パート2 Do you take a break at work? Part 2

Working without breaks lessens effectiveness.
休憩なしで働くと効率が悪くなる 

1.   Circulation is impaired by prolonged sitting: When you sit in static postures where you are not     moving, circulation can be impeded. When blood flow to an active muscle is impaired, the oxygen supply is diminished, which over time can impair muscle function. The feeling of fatigue often is related to circulation and blood supply.
長時間座り続けてると血液の流れが悪くなる:動かずに一定の姿勢で長時間座っていると、血行が悪くなります。筋肉の中の血液の流れが悪くなると、酸素が薄くなり、長時間それが続くと筋肉が固まってしまいます。血行は疲れと関係があります。

2   Working on the computer distorts the awareness of time: When working for long hours on the computer most people do not take breaks frequently enough, nor do they realize how much time has passed since they began working. An easy way to eliminate this problem is to make sure people take regular breaks by using time reminders.
パソコンで仕事をしていると、時間の流れにうとくなります。パソコンの前で長時間働くと、ほとんどの人は十分な休憩を取らないので、仕事をはじめてからどれだけ時間が経過したのかうとくなります。この問題を解決するためには適度に急速をとることによって時間を意識することができます。
3.   Burnout: People who work continually face complete burnout and what good is a burnt out employee? Physical exhaustion can lead to problems such as chronic headaches, fatigue, inability to concentrate, and trouble sleeping at night. Even if all you take is 15 minutes during an 8 hour work day, you can use that time to refresh yourself and feel more energized the rest of the work day.
燃え尽きる: 働き続ける人は常に燃え尽きることに直面します。燃え尽きた従業員と何でしょう?体力の疲れは、慢性的な頭痛、疲れ、集中力の欠如、不眠などの問題に発展していきます。8時間の就業時間の中で15分だけでも休憩をとるだけで、リフレッシュし、残りの就業時間も働くエネルギーがでてきます。
4   Productivity: Many studies have revealed that workers who take breaks are dramatically more productive during the day as opposed to those who do not. After a break, your performance levels increase dramatically so that you can tackle tasks again with renewed vigor and finish them accurately. Mistakes are also made more when you do not refresh your mind and body.
効率:多くの調査では、休憩をとる従業員は休憩を取らない従業員よりも効率よく働くことができると発表しています。休憩の後、業務の効率が大きく良くなり、もう一度新鮮な気持ちで仕事に取り組み、正確に業務を終わらせることができます。 体と心をリフレッシュしないと、間違いも出てきてしまいます。

5.   Heart Risks: After researchers in Finland conducted a study on a group of nearly 800 workers over the span of 28 years, they found that subjects who failed to find time to recover from their workweek were more likely to eventually die of cardiovascular disease. If people are not able to relax periodically, plaques can build up in their arteries which contribute to potential heart attacks and or strokes.
心臓のリスク:フィンランドで、800人の従業員を28年かけて調査したところ、働いた週で体力を復活させなかった従業員は心臓疾患で死ぬ確率が高いということが判明しました。 適度にリラックスすることができない人は、血管がつまってきて、心臓病や発作がおきやすいということがわかりました。
6.   Stress: Focusing on a tedious task for too long can easily lead to physical and mental stress. Stress as most know, can lead to serious implications for our health. Common consequences of stress include high blood pressure, high blood sugar, poor fitness, low resistance to viruses, and serious illnesses.
ストレス:長い間退屈な仕事にフォーカスしすぎることによって、体力的にも精神的にもストレスに発展していきます。ストレスは、多くの人が知っての通り、健康を害します。ストレスによっておきることは、高血圧、血糖値の上昇、ウィルスへの免疫力の低下、重病です。
7.   Repetitive Stress Injuries:Especially for those that sit at a desk all day staring at a computer, it is easy to develop repetitive stress injuries such as eyestrain from staring at a computer screen too long.
繰り返されるストレスによる怪我:特に一日中ですくに座って、PCを見つめてる人は、パソコンの画面を見続けて眼精疲労になることもあります。

When starting your new routine of taking breaks, start small with 5 minute breaks and work your way up in about a week or two. Taking breaks at work cannot be considered being lazy, especially when you take short meaningful ones. There is no harm in trying, but there is harm in not trying.
休憩を取るという新しい習慣をみにつけた時、5分間の休憩をとって、1週間や2週間を続けてください。
職場で仕事で休憩をとるとき、怠けていると考えないでください。特に短くて意味のある休憩をとっている人。試してみることに害はありませんが、試さないことには害があります。

Source 調査元:
http://www.sitbetter.com/blog/office-chairs/7-reasons-why-it-is-important-to-take-breaks-at-work

 
Please Click this Button once per DAY. Thankyou!
一日一回クリックお願いします!ありがとう!
————————————————————————–
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

初給料、何につかった? How did you spend your first pay check?

Excluding living expenses, what did you do with your first pay packet? (Sample size=516, multiple answer)

生活費をのぞいて、初給料何につかいましたか?(アンケート数=516人、複数回答有り)

All Male
N=258
Female
N=258
Gave present to parents 54.5% 50.0% 58.9%
Saved it 52.9% 52.3% 53.5%
Bought clothes, fashion items 36.2% 17.4% 55.0%
Bought commuting suit, tie, bag, etc 15.7% 13.2% 18.2%
Used for travel, visiting parents 12.4% 9.7% 15.1%
Work-related accessories (business card case, diary, etc) 11.0% 11.2% 10.9%
Gave present to girlfriend, boyfriend 10.9% 13.2% 8.5%
Bought home electrical item 9.7% 10.9% 8.5%
Spent on hobby 9.5% 9.7% 9.3%
Bought mobile phone 7.2% 5.4% 8.9%
Repaid loan 6.8% 5.8% 7.8%
Bought computer, peripherals 4.3% 5.8% 2.7%
Invested in shares, etc 3.5% 6.6% 0.4%
Enrolled in school, for qualifications, study 2.5% 1.6% 3.5%
Other 13.6% 10.1% 17.1%

 
両方 男性
258人中
女性
258人中
親へプレゼント 54.5% 50.0% 58.9%
貯金 52.9% 52.3% 53.5%
洋服、ファッションアイテムの購入 36.2% 17.4% 55.0%
通勤用スーツ、ネクタイ、かばん等 15.7% 13.2% 18.2%
交通費、実家に帰るために使った 12.4% 9.7% 15.1%
仕事に関する小物 (名刺入れ、手帳) 11.0% 11.2% 10.9%
彼氏、彼女へのプレゼント 10.9% 13.2% 8.5%
電化製品を購入 9.7% 10.9% 8.5%
趣味につかった 9.5% 9.7% 9.3%
携帯を買った 7.2% 5.4% 8.9%
ローンの返済 6.8% 5.8% 7.8%
パソコンの購入 4.3% 5.8% 2.7%
株に投資 3.5% 6.6% 0.4%
スクールに入学、資格、勉強 2.5% 1.6% 3.5%
その他 13.6% 10.1% 17.1%
 
Please Click this Button once per DAY. Thankyou!
一日一回クリックお願いします!ありがとう!
————————————————————————–
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

異業種交流会第一回目 1st Cross Industry party

11月5日に最初の異業種交流会を行いました。異業種交流会は、新しい人に出会って、お互いが働いている業界を知るための集まりです。多くの外国人と日本人が集まりました。テーマはグローバル購買と証券取引でした。

On 5th of November we had our first cross industry party. A cross industry party is for people who want to meet new people and find out about other industries. We had a lot of international people and japanese there. The topics were Global purchasing and the stock exchange.


Keisuke Nishida( middle)  shared about global purchasing

西田圭祐がグローバル購買について話してくれました


Jon Kang Shared about stock market.

ジョン カンが証券取引について話してくれました

2012年にもっと異業種交流会を予定しているので、社会人でいろいろな人に出会いたい人、以下の業種に興味がある人はypnetwork@gmail.comまでメールをください。

営業、管理、プロスポーツ、福祉、医療業界、会計、サービスその他たくさん

There will be more of these events in 2012 so if you are a business person and would like to meet new people and find out about new industries like – Sales, managing, professional sports, aged care, medical industry, accounting, service, and many more, please email us at ypnetwork@gmail.com

PLEASE CLICK THE BUTTON BELLOW  ONCE PER DAY…THANKYOU!!!
一日一回クリックお願いします!ありがとう!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ

にほんブログ村

————————————————————————–